2019年5月25日より

「がるまに」にてダウンロード販売発売

 

​Story

ヒロインは小さなきっかけから教師である越智昭春(おち あきはる)が気になりだし、次第に恋心を抱くようになっていった。
しかし、それとなくアピールしても、昭春はヒロインのことは眼中にない様子。
そんな不毛にも思える毎日が過ぎ、ついに卒業を数ヶ月後に控えたある時……幼馴染から大胆なアドバイスを受ける。
「このままでは先生との接点がなくなる」と焦っていたヒロインは、そのアドバイスを聞き――体当たりで告白することに。
結果は、見事に玉砕。
昭春はヒロインを子供扱いし、その上「生徒と本気の恋なんかできるか」と軽くあしらった。
どうしても諦められないヒロインは「じゃあ本気じゃなきゃいいの?」と食い下がり……。

――戯れを装った関係は、ヒロインが想像していた以上の切なさになる。

 

​Charactertor1

◇越智 昭春

(おち あきはる)

CV黛希和

ヒロインの担任教師。
冷たく見えるが、困っている生徒がいたら必ず手を差しのべる。
しかし美しい顔が原因で女生徒から興味を持たれることが多いためか、必要以上に親しげにされると、途端に一線を引く。
異性として女性に接する時は、少しSになる。

​Charactertor2

◇工藤 夏樹

(くどう なつき)

CV三楽章

幼稚園の時から一緒の幼馴染。
ヒロインのことは家族のように大事に思っている。

​Charactertor3

【この物語のヒロイン】

満員電車内で痴漢に遭い、その時に昭春に助けられた。
それから昭春を目で追うようになり、気がつけば恋をしていた。
過去にセックスの経験はあるが、根が真面目なので元彼と数回した程度。
だが昭春の気を引くために、ビッチのふりをしてしまう。

 

​Track 96分

 

Track1

「越えられない壁」


Track2

「昭春とのセフレ契約」

※Hシーンあり(命令されての自慰、イラマチオ、後背位、中出し)


Track3

「夏樹の勘」

Track4

「黄昏時に終わる恋」

※Hシーンあり(甘々、口淫、正常位、中出し)

クロスフェードサンプル

黄昏時に終わる恋 - 黛希和
00:00 / 00:00
 

​Information

 

2019年5月25日0時より ダウンロード販売開始(1,944円)
※CD販売はいたしません。

bn_pc_234_60_dojin_01.gif

​Special

 

​【Twitter アイコン】

tw_dbs.png
 

【DL達成企画】

​■300DL達成で

キャストコメントの掲載

■1000DL達成で

​ショートドラマの追加同梱

DLsite様からの再ダウンロードが必要です

【300DL達成記念キャストコメント:黛希和様】

【Q1】昭春を演じる上で印象深かったところ、気をつけたところがあればお教えください
ヒロインに興味を持っていない体から始まるのですが、独り言で本音が漏れてしまっている所だったり、夏樹にはヒロインへの気持ちがバレてしまっていたり、ヤキモチが抑えられない不器用な部分がポロポロ出て隠しきれない人間くさい部分が印象深くて、演じる際にもその点を息遣いや語感の力加減に気をつけてみました。

【Q2】昭春というキャラをどう思われますか?
ちょっと方向性がずれてしまったのでほとんどストーカーな行動をしてましたが、とても一途で実は可愛いキャラクターだと思います。
人生を諦めていた時の昭春の雰囲気も好きなので機会があれば演じてみたいですね(笑)

【Q3】昭春に共感をおぼえた部分はありますか?
好きな相手に対して、昭春は距離を取ることを選んでいましたが、自分もどちらかと言うと好きな相手にはすぐにアタックする方ではなく時期を図ったりするほうなので、見守っていたことを語るシーン等は「分かる…」となりました。

【Q4】これから二人はどうなっていくと思いますか?
婚約までが急展開で進みましたが、長年の恋がかなった昭春はヒロインのことをメチャクチャ大事にするし、ヒロインもこんな対応をされてもなお昭春のことを追い続けた子なので、垣根がなくなった後は周りが呆れるくらいラブラブな生活を送りそうです。ただ、昭春のことなのでヒロインが社会人になったら同僚とかへのヤキモチで暴走しそうですし、誤解が解けたらとけたでまた濃厚な仲直りHをしてそうです……。

【Q5】リスナーの皆様にメッセージをお願いいたします
「黄昏時に終わる恋」をお聞き頂きありがとうございました!最初はキツめな先生でしたが、少しずつ変化していく過程から最後には両思いのイチャイチャでした。自分自身、演じるのが好きなメガネ鬼畜男子(昭春は本当は優しいですけど)ができてとても楽しかったので、皆様にも楽しんでいただけていれば嬉しいです。